Twitter Facebook github

nginxでHTTP/2ことはじめ

このエントリを書いているうちにクリスマスイブになりましたね。いよいよ年末ムードですが、今年は年の瀬ギリギリまでお仕事です。クリスマスなんて無かった

前回のエントリの最後でHTTP/2, SPDYやりたいって書いたので有言実行ということで。この記事は既にstable(1.8)なnginxでSSLサイトを構築している環境が前提になります。

 

一昔前にGoogleが開発した次世代WebプロトコルのSPDYが流行っていましたが、SPDYを受け継いだHTTP/2の出現から、新たにSPDYを導入することはほとんどないようです。

Google自身もHTTP/2へ移行したようですので、今回はSPDYではなくHTTP/2を使ってみようと思います。cssやjs、画像などを多くロードしているページでは、表示速度がかなり向上するようですよ。

nginxでhttp/2を導入する場合は、–with-http_v2_module というパラメータをつけてビルドしないといけません。ただ、nginx公式のリポジトリから落とせるバイナリはこのパラメータ付きでビルドされているようですので、今回はこれを使う方針で進めます。(ちなみにSPDYは古いnginxで利用できていましたが、HTTP/2に載せ替えられる形で使えなくなりました。)

 

古いnginxの削除

まずは今インストールされているバージョンを確認します。

執筆時点のAmazon Linuxで標準のリポジトリからyumでインストールすると、上の通りstableな1.8がインストールされます。nginxは今年の9月末にリリースされたv1.9.5でHTTP/2をサポートするようになったので、1.8.0のnginxは削除します。

 

メインラインnginxをインストール

前述の通り標準のリポジトリからインストールすると1.8が落ちてきてしまいます。メインラインのnginxをインストールするには、公式のドキュメントを参考にnginxのリポジトリを参照するように変更します。

正しくメインラインのnginxが取得できるか確認し、問題なければインストールします。今回はnginx.repoにpriority=1を追記したので、Amazon標準リポジトリよりnginxリポジトリが優先して参照されます。このほかyumのコマンドに –disablerepo=amzn-main を記述することでもインストール可能ですが、yum updateなどで問題になることがあるので特に理由がなければ優先度を変更しましょう。

すんなりインストールできました。念のために自動起動の設定を確認しておきましょう。

 

http2の設定

次は1.9.9のnginxでhttp2を使えるようにします。

今回は1.8系のnginxからの乗り換えなので、古いnginxをremoveした時に残っている設定ファイルをベースに書き換えていきます。

SSLは前回設定していますので、書き換えるのはここだけですね。本当に簡単です。

なお、http2はSSLなしでも利用できる仕様ですが、事実上SSL対応しないと使えませんので、SSLに対応していない場合は過去のエントリ「Let’s Encryptをnginxで使ってみる」などをご参考ください。

 

動作確認する

ちゃんとHTTP/2で通信してくれているかどうかは、Chromeの場合デバッグ機能のnet-internalsを開くことで確認できます。新しいタブで、

chrome://net-internals/#http2

を開いてみてください。

HTTP/2 sessionsのテーブルに、今回対応したドメインが表示されていればうまく動いています。

スクリーンショット 2015-12-24 2.55.28

 

また、Chrome Extensionの「HTTP/2 and SPDY indicator」もオススメです。これをインストールしておくと、ブラウズしているページがHTTP/2またはSPDYに対応しているかどうかをURLバー右側の雷アイコンで視覚的に表示してくれます。

表示されている雷アイコンが青色であればHTTP/2、緑色であればSPDY、灰色であればこれらのプロトコルに対応していないことを表します。正常に動いているようですね。

 

雑感

数年前にSPDYで賑わったことは比較的記憶に新しいのですが、暫くその動向を追っていない間にHTTP/2が策定され移行が進んでいるようです。Web技術の変革スピードの早さを再認識しました。時代に取り残されないよう、新しい技術も積極的にキャッチアップしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。