Twitter Facebook github

「投資戦略フェア2015 秋 in 大阪」に行ってきたよ

日帰りで「投資戦略フェア 2015 秋&投資家交流会」に参加してきました。忘れないうちにまとめておこうと思います。東京へ帰る新幹線の中でこれを書いています。

  • 日時:2015年11月21日(土) 10:30〜19:40
  • 場所:ヴィアーレ大阪

イベントの主催は、投資関係の数々の名書を出版されているパンローリング出版社さん。既に今まで10回以上開催されていたのですが、今回が初参加です。私が腰を据えて投資を始めたのが今年からで、それから毎日のようにチェックする専業トレーダーさんのブログがあるのですが、そこでこのイベントを知りました。

そのブログの執筆者さんほか、後述の有名な個人投資家の方々と実際から直接お話を聴ける機会とあり、迷わずに予約しました。なんと事前申込みで無料です。信じられないですね。

会場は大阪、本町駅近くのヴィアーレ大阪。結婚式なんかも行われているオシャレな建物です。

このイベントのメインは第一線で活躍する日本を代表する個人トレーダーの方々による講義で、アツいトークを聴くことができます。例えば相場解説や今後の市場動向、サクセスストーリー、実際のトレードテクニック、メンタル的な姿勢や心構え等々です。

朝の11時から19時頃まで、間に15分の休憩を挟みながら1時間〜1時間半くらいの講演が5コマ続きます。同時に2種類の講演があり、事前予約の際に受講する枠を選ぶ形式です。私は次の5つに参加してきました。

  1. 11:00 〜 12:10 「獣王たちの投資術」 ウルフ村田&YEN蔵
  2. 12:35 〜 13:45 「FX短期トレードテクニック」 バカラ村
  3. 14:10 〜 15:20 「運とツキを招く実践トレード」 ついてる仙人
  4. 15:45 〜 16:55 「市場心理から読み解くトレードの王道」 Mr.HILTON
  5. 17:20 〜 18:30 「目指せ利益10億円 デイトレーダーの作り方」 テスタ

 

「獣王たちの投資術」 ウルフ村田&YEN蔵

トップバッターはウルフ村田さんとYEN蔵さん。内容はいいニュースが出ても株価が上がらないのは飽きられてるからとか、最近だと建設系は資金効率よくしたいなら1度離すべきとか、Twitterでロイターとかブルームバーグとかの情報とかもすぐ得ることができるみたいな話を実際の銘柄でチャートを交えながら解説していました。「事故はどっと下がったときに押し目買い、事件は材料が出た瞬間に空売り」には納得です。(ただ、後者は個人投資家がいくら急ごうが既に安くなってしまっていて暴落前に売りエントリーはできないと思ってます。。)内容的には今回の5講演のうち一番難しかったのかなあと思います。

 

「FX短期トレードテクニック」 バカラ村

実際のテクニックを解説していてとても興味深かったです。バカラ村さんが実際にしてきた直近のトレードで一番よかったもの、一番わるかったものを例に取り上げて解説していただきました。テクニカル指標のRSIやスローストキャスティックス、MACDを用いた、ダイバージェンス(オシレータ系指標の逆行現象;詳しくはGoogleで)の信頼度ベースのエントリー手法がひとつ。もう一つは揉み合いでエントリーしてブレイクを待つ手法の解説。どちらの手法も聞いてる限りだとよく考えられてるなという印象です。

あとはMACDだとシグナルが遅いからMACDヒストグラムがいいよとか、フォーメーション分析(ヘッドアンドショルダーやダブルストップ等々)の話とか、損切りの大切さとかそんな話でした。シンプルな手法なので小1枚からでも試してみたいと思ってます。

 

「運とツキを招く実践トレード」 ついてる仙人

笑いを取るのが上手な人で、最初10分間で心の在り方についてお話があったのですが、その部分がとても印象的でした。また、自分が何のためにお金を稼ぎたいのかという部分について再考されられる講演でした。本題のトレード解説は、現値より上がったとき、横ばいのとき、下がったときそれぞれの行動を予め決めておき、それに従ってトレードを進める所謂シナリオ売買に関するものでした。株、先物、FXすべてにおいて適用可能な手法であり、具体的には4つの異なる時間足でシナリオを検証し、すべてのシグナルが揃った時点で一番短い時間足の調整を待ってエントリーする手法でした。こちらも実際に少ないロットで試してみようと思ってます。とても面白い講演でした。

 

「市場心理から読み解くトレードの王道」 Mr.HILTON

HILTONさんは日経225で8年間に渡り月間収支で負け無しの成績を誇るトレーダーです。それだけに期待も高かったのか、この講演は立ち見でも入場できないほどの大人気でした。実際の講演も具体的なトレードの手法や、HILTONさんが実際にやっている習慣、相場心理、ロスカットなど、幅広く相場に向き合うためのテクニックを解説していました。具体的にはオプション行使価格を意識したりとか、バリューエリア(1日の値動きの70%を占めた価格帯)内では値動きが鈍くなるとか、前日とのギャップがあるとそれを意識した動きになるとか。

ロスカットに対する考え方で、わざと負けるトレードのトレーニングというのがとても興味深かったです。ミニ1枚とかでわざと負けてみる練習をすると、ロスカットの苦痛が軽減され、正しく負けることの大事さを身に着けられるそうです。

一番記憶に残っているのは、「正しいロスカットは必要経費」という言葉。その通りですよね。この講演も個人的には大満足でした。

 

「目指せ利益10億円 デイトレーダーの作り方」 テスタ

この記事の一番最初に、投資家のブログでこのイベントを知ったと書きましたが、その人がこのテスタさんです。テスタさんはスキャルピングメインで、10年間の相場経験の中で月間マイナスになった回数が1桁しかなく、これまでに元手の100倍以上の利益を生み出したトレーダーさんです。

既にこのテスタさんのDVDは持っていて、とても勉強になっただけに実際に生の講演を見てみたいと思って、今日のイベントの期待値半分くらいはテスタさんのお話にありました。

内容はデイトレのメリットデメリット解説から始まり、結構初心者向けで期待外れだったかな?なんて思ってましたが、実際のトレーディングの環境(実際に使っているソフトや配置など)やポートフォリオの管理手法、実際にトレード入る前の準備等々、知らないことも沢山得ることができました。こちらも具体的には売買判断は歩み値、板、チャートすべてをチェックしたり、デイトレは9時〜10時半と14時半〜15時が特別な動きをするとか、気配値ランキングがいいよとかそんな感じです。

個人的には期待以上の講演でとても濃い1時間だったと思います。

 

まとめ

いやー、本当に楽しいイベントでした。早朝の移動だったので、朝4時過ぎに起きてほとんど寝られなくて、寝不足でどうなるかと思いましたが、受講中はメモを取りながら集中して聴いていると1時間があっという間に過ぎてしまいます。

個人的に今回のイベントはかなりの価値があって、無料だなんて信じられないんですね。なので、パンローリングさんとそれぞれの講師陣の方への感謝の意をこめて、書籍販売ブースで皆さんのDVDを5枚買ってきました。またこれも観て勉強しようと思います。

テスタさんの講演で、トレーディング用のPCに関してこんなことを仰っていました。「設備投資は資産が減るのではなく、資産が増えると思ってやってる」。これ私もそう思います。PCもそうですが、今回のこのイベントに来るのにも往復の新幹線代、安くはありません。でもこれは今後自分が利益を上げるための自分への先行投資なんですね。けちるべきところと、けちってはいけないところがあると思っています。

さいごに、投資を始めたけど利益が上がらない人、これから投資を始めてみたいといった人には本当にお勧めのイベントです!次回は多分また来年にあると思うので是非会場へ足を運んでみてください!私も行きます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください